交換留学が決まるまでと決まってからすぐのこと

交換留学が決まるまでと、決まってからすぐのこと。

以前、ビザについて書きましたが、それより前の段階の話です。

 

ビザの申請

 

交換留学についていろいろ書きますが、ぜんぶ私の学校、私の場合の話なので、注意してください!

 

そもそも交換留学って何なのか

日本の所属大学の学生として、協定校に留学することです。

午前中は語学堂に通って、午後は学部正規課程の授業をとります。

休学はしないので、4年で卒業することも可能です。(私は日本の大学にきっちり4年通いたいと思ったので、5年かけて卒業しますが。)

日本の大学に授業料を払って、韓国の大学には授業料は払いません。

私の場合は、日本の所属大学からけっこうな額の奨学金がいただけたのでお得に留学できる感じです!(^^)

 

交換留学の選考

交換留学は学内選考があります。

私の大学では、必要書類の提出(留学の志望理由書、成績証明書、健康診断書など)、韓国語の学内試験、面接がありました。

私は選考当時、学内成績GPA3.6、韓国語TOPIK5級でしたが、全然チョロいとは感じませんでした。

GPAは2.7あれば良いと言われていたけどやっぱり心配だったし、韓国語の試験もTOPIK中級程度の知識は必要でした。

でも、面接でしっかり受け答えができて、明確な志望理由を話せるのがいちばん大事なのかな~と思います。

選考を受けた後で、派遣期間(前期、後期、通年)が分かります。

 

交換留学の準備

学内選考を無事突破したら、さっそく協定校に交換留学生として入学するための準備が始まります…!

期限がかなり短かったので本当に大変でした。

思い出に書き残しておきます(笑)

 

交換留学生の登録

これは、派遣先大学の案内メール(英語だった)に従ってフォームに必要事項を記入する、というやつです。

 

健康診断を受ける

病院を予約して、健康診断を受けて、健康診断書を受け取りに行って…などなど、1回では済まない用事でした。

結局3回病院に行きました。

基本、平日の昼間しか病院側がダメなので、予定を合わせるのが大変で…。

まぁ、自分が熱望した留学のためなんですが!

寮に入るために健康診断書が必要でした。

 

エッセイ(韓国語)

留学に対する意気込み(?)を韓国語で書きました。

A4サイズ1枚程度。

 

ビザ用の写真を撮り、デジタルデータも入手

ちょっとした写真屋さんに撮りに行きました。

 

英文の成績証明書、在学証明書を準備

これは、学内で簡単に手続きできたので、大変じゃなかったです。

が、1週間かかりました。

 

 

と、私の場合はこんな感じでした!

また、留学のこと更新していきたいと思います(^^)