韓国語のテキスト②半年が過ぎたころ

韓国語の勉強を始めて半年が過ぎたころに使っていた(使っている)テキストについて書いておこうと思います。
もう1年半?くらい前のことなんだけどね…。

前田式韓国語中級文法トレーニング

これ、もう絶版なのかなぁ。

ですます調で書かれていて、先生の授業を受けながらテキストを進めているような気持ちになれるのがポイント!(だと思います…)

あと、紙の材質が軽い!!

ハングルから解説されていない、初級が終わったくらいの人向けのテキストが欲しいな~と思っていたところ、インスタでこれを使っている人をちらほら見たので買ってみました。

内容としては、1課からちょっと難しいな~!と思ったけど(私はその当時、韓国語のテキスト①始めたころのテキストをやり終わったくらい)、とりあえずやりすすめました。

情報量多めなテキストで、初級の復習項目から四字熟語、似ている表現の使い分けなど、いろいろ書いてありました。(だから難しいと思ったのかも?)

やり終わってみて思ったのは、「中級」って書いてあるテキストの中でこれは易しい方だということ。

今思えばちょうど良かったのかな…?

ところで、初級から中級へ行くときの独学用のテキスト選びって難しくないですか?

大学の韓国語の先生に相談すればよかったかな…。(今更)

韓国語の発音変化完全マスター

これは一冊持ってると安心、おすすめです!

なんでこうなるの?っていう発音の疑問に答えてくれる内容。

薄い本なので手に取りやすいのもGOODポイント。

しばらく中身見てないので、また読み返したいなぁと思います。

 

『韓国語のテキスト②半年が過ぎたころ』編、おわり!!