読書しなくなった人間が再びぼちぼち読書するようになった話

読書しなくなった人間が再びぼちぼち読書するようになった話です。

前提

私、文学部の学生なんですが、大学生になってから全然本を読まなくなっていて。

最近ではそれを後悔したり反省したりして、ぼちぼち読書をするようになりました。

というか、大学1、2年で読書を怠ったこと、 今となってはとても後悔しています。

昔の話

小・中・高と朝読書の時間が毎日あったので、何かしら本を読んでいました。

小学校の頃だったか中学生の頃だったか、図書館にはまって、2週間に1度、10冊本を借りていました。

あの頃好きだった本は今でも覚えています。

小説も読んだと思うけど、漫画の伝記シリーズとか小学校低学年向けの児童書をよく読んでいた気が。

国語の成績は良くもなく悪くもなかったです。

「文章を書くことについて」でも書いたことなんですが、私は、夏休みの読書感想文では何度か賞をもらったり、まずまずの小論文を入試や検定で書くことができたりしました。(運が良かったとしか言いようがないんですけど。)

そういうことも知っているので先生方は「読解力がある」だとか、「読書好きなんでしょう?」と言ってくれることがあったけど、そんなことは全くなかったと思います。

ご覧の通り、散らかった文章を書いているので、分かっていただけるんじゃないでしょうか…?

文字を読むのが遅いし、文章を書くのも遅いので、読むのも書くのも面倒なんです。

大学生になってから

私は高校3年生の頃から「Studyplus」というアプリで勉強の記録をつけています。

それに読書の記録もつけていたので見返してみました。

大学1年生の頃はレポートのための本しか読んでいないと言っていいくらい、そんな本ばかり読んでいました。

大学2年生はもっと酷くて、1年生のときよりも本を読んでいなかったです。

私は一体何をしていたのか…?

看護学部とか工学部とか理系の人たちが「最近本読んでない~」って言うのは、なんとなく無理もないような気がする、きっと私なんかより忙しくて、私には向いていないジャンルの難しいことを勉強していると思うので。

文系に分類されるけど、経済学部とか経営学部もそうなっても無理ないような気がします。

とにかく、忙しかったり数字を使ったりしている人たちは、ということです。

これも偏見なんだろうけど。

勤勉な人は何を専攻していようが読書します。

が、私ときたら理系が選べなくて文系に来た人間。

しかも文学部、ゴリゴリの文系。

なのに全然読書してない。

意味が分からないし、何をして過ごしていたんだろう、このまま大学生を終えてしまったらきっと後悔する、という気持ちになりました。

何をしていたかについては、Studyplusやインスタを見返せば分かることなので、虚無感はほんの少しだけマシになります。

記録つけてて良かった…!!

それにしても、月の勉強時間(授業は除く)が50時間を切っている月もあったりして、学生ってなんだっけと思います。

恥ずかしながら実情なんだなぁ、これが。

私みたいな文系大学生、いると思います。(いなかったりして…?)

好きな場所

本屋に行くのが好きです。

特にめぼしい本は無いけどふらっと寄るのが好きで、規模を問わず、本屋を見つけると寄ってしまいます。

本をバンバン買えるほどお金に余裕はないし、部屋のスペースにも余裕がないので、気になる本があったら、図書館に入っているか確認して。

見つけたらお気に入りに入れておく。

本屋は新しい本がいっぱいあって、何かの趣旨に沿ってコーナーが作られていたり、イベントが開催されていたりして、それも楽しいです。

本の内容やおすすめのポイントが紹介されていて、参考になるし。

あと、本屋にいると学習意欲が湧きます。

でも、これはあまり長続きしないので、また本屋に行くんですけど。

大学図書館も好きです。

大学図書館に行くと必ず誰かしら勉強していて。

公務員試験だったりSPIだったり、内容は人それぞれ、一生懸命やっているのを見ると私も頑張ろうという気にさせてもらえます。

でも、私が大学図書館で勉強するのは時間潰しのときくらい。

家で勉強するほうが性に合っているからです。

お腹が空いたとき簡単に何か食べられる、見た目を整えていなくても良い、そういう点で家が好き。

それでも大学図書館は好きで、大学の中でいちばん好きな場所だと思います。

本をあまり読まなかった大学1、2年生の頃から好きだったなぁ。

最近

最近、大学3年生になってからは、読書しようという気になって、本を読んでいます。

そのうち読書記録についても書こうかな。

今のところ、エクセルで簡単な記録と、気に入った表現や留めておきたい文章を書いています。

読むのも遅いし、上手く本を読めていないので、読書術的な本も読んだ方が良いのかな~とも。

読書記録の読了日を確認すると、この4月からはひと月に1~3冊読んでいます。

今までと比べたらだいぶマシ。

年に1、2冊からだと思えば凄まじい成長。

読み始めてみると、楽しくなってきて、もっと読みたくなって、読みたい本も増えました。

勉強アカウントでフォローしている人には、読書のスピードが速くて、勉強をよくしている人がいます。

素直にかっこいいと思って見ています、かっこいい。

読書アカウントの方々なんかは本当にすごい。

本当にそんなに読めるんか??というスピードで更新している方もいて。

月10冊とか、たまげる。

私はまだまだその域には到達できそうにないんですが、かっこいいと思って見ています。

今は、社会人になってもちゃんと読書の時間がとれるような生活がしたいな、と思うくらいには読書を楽しんでいます。